メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)について

メタボリックシンドロームは生活習慣病への予備症状とも言われています。高血圧や高脂血症などを発症する前にしっかりとしたメタボリックシンドローム対策を講じておきましょう。

スポンサーサイト

ブルブルマシン

家庭用振動トレーニングマシン「メタバーン」でブルブル・ダイエット

背中バランスダイエット
背骨がゆがんでいると、肉づきのバランスや代謝が悪くなり、肥満の原因になります

エステ体験
エステで痩身!プラソン 本格エステ体験1,000円キャンペーン

痩身専門インドエステサロン
1人1人の体質にあわせたハンドマッサージ。インドエステの知識と技術による90分間のコース

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)最新記事

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)イメージメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の記事を各カテゴリごと最新順に5記事ずつトップページで紹介しています。

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の古い記事を参照になりたい方は各カテゴリタイトル、またはページ最下部のサイトマップからのリンクをご利用ください。

メタボリックシンドロームと高血圧6:メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームの場合、血圧が若年†中年者は130/85mmHg未満、高齢者の場合は、やや高めの140/90mmHgが数値になります。高齢者は、既にある程度動脈硬化が進行していますし、血圧を下げることによって臓器の血流不足が起こる可能性もあるからです。糖尿病や腎臓病の患者さんは、低めの130/80mmHgが目標です。高血圧の人は、食塩摂取量を1日6g未満に抑えること...

メタボリックシンドロームと高血圧6について詳しく読む

メタボリックシンドロームとは

カテゴリ内新着一覧

メタボリックシンドロームの対策7:メタボリックシンドローム対策

メタボリックシンドロームによる生活習慣病を治すには、なく、大元の内臓にたまった脂肪を減らすことが大切です。内臓脂肪はたまりやすいが、減りやすいのです。血圧などが目に見えてよくなります。高血圧とは、血管の中を血液が流れる時、強い圧力がかかっている状態です。血管は若いときは柔らかく伸縮性がありましが、年とともに、硬くなりコレストロールなどがたまって...

メタボリックシンドロームの対策7について詳しく読む

メタボリックシンドローム対策

カテゴリ内新着一覧

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)関連読本&特定保健用食品(トクホ)メタボリックシンドローム読本

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)関連読本&特定保健用食品(トクホ)メタボリックシンドローム健康食品

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo