Top >  メタボリックシンドローム対策 >  メタボリックシンドロームと食事1

スポンサーサイト

ブルブルマシン

家庭用振動トレーニングマシン「メタバーン」でブルブル・ダイエット

背中バランスダイエット
背骨がゆがんでいると、肉づきのバランスや代謝が悪くなり、肥満の原因になります

エステ体験
エステで痩身!プラソン 本格エステ体験1,000円キャンペーン

痩身専門インドエステサロン
1人1人の体質にあわせたハンドマッサージ。インドエステの知識と技術による90分間のコース

メタボリックシンドロームと食事1

メタボリックシンドロームと密接に関連しているたんぱく質が発見されました。アディポネクチン(アディポとは“脂肪”という意味です)という、脂肪細胞自身が分泌している善玉のタンパク質です。アディポネクチンは、標準的な体格の人の血液中には多く存在し、内臓脂肪が増加すると、反対に減少することが明らかになりました。このアディポネクチンの働きについて述べます。悪玉と善玉はバランスよく分泌されていますが、内臓脂肪が蓄積すると、善玉アディポサイトカインの分泌量が減り、悪玉アディポサイトカインが過剰に分泌されます。アディポネクチンは、脂肪細胞から分泌される分泌蛋白である。作用としては、AMPKを活性化させることによる亢進、動脈硬化抑制、抗炎症、心筋肥大抑制など、多彩である。受容体にはAdipoR1、AdipoR2、T-Cadherinなどが報告されているが、同定後間がなく、これらがアディポネクチンの生理機能を説明するかに対してはまだ結論が出ていない。





スポンサーサイト

ブルブルマシン

家庭用振動トレーニングマシン「メタバーン」でブルブル・ダイエット

背中バランスダイエット
背骨がゆがんでいると、肉づきのバランスや代謝が悪くなり、肥満の原因になります

エステ体験
エステで痩身!プラソン 本格エステ体験1,000円キャンペーン

痩身専門インドエステサロン
1人1人の体質にあわせたハンドマッサージ。インドエステの知識と技術による90分間のコース

 <  前の記事 メタボリックシンドローム3  |  トップページ  |  次の記事 メタボリックシンドロームと対策1  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/18458

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。